薄毛に悩んでいるスーツの男性
  • ホーム
  • 薄毛が遺伝することはある?

薄毛が遺伝することはある?

年齢を重ねるについて気になることの一つに薄毛があります。薄毛の原因には色々ありますが、その一つに遺伝性があることが分かってきています。
昔からよく家族の誰かがハゲている家は子供もハゲやすいと冗談半分に言われてきましたが、実際に遺伝性が大きく作用していることは医療機関などの研究によってしっかり立証されています。
これはフランスのある研究機関が発見した事実で、その研究によるとハゲている人の遺伝子を見ると、X染色体と呼ばれる染色体にある男性ホルモンの一つであるアンドロゲンレセプターの受容体や遺伝子に変異が見られるという結果が出ました。
もう少し分かりやすく解説すると、薄毛になる人と、まったくならない人の遺伝子をよくよく見比べてみると、X染色体にあるアンドロゲンレセプターという男性ホルモンを受け取り受容体と呼ばれている部分に大きな違いがあり、この違いが薄毛を発症させる遺伝子である可能性が高いというわけです。
薄毛になる可能性のある病気にもいろいろありますが、特に男性特有の脱毛症は男性ホルモンが大きく関係していると言われています。
男性特有の脱毛症はテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれている変換酵素によってテストステロンではない全く別の別の物質に変換することによって引き起こされると言われています。
この5αリダクターゼの分泌量には個人差があると言われているのですが、この個人差が出る原因も遺伝によって決まると言われています。
こういった背景からも薄毛になるかどうかには遺伝が大きく関連しているという事が分かります。
ただし、遺伝によって薄毛になっている人は全体の4分の1程度ですし、家族や先祖がハゲているからといって自分自身も必ず薄毛になるというわけではありません。
家族や先祖に薄毛に人が居てもまったく髪の毛が薄くならない人も居ますし、逆に家族や先祖にまったく髪の毛が薄い人が居ない子供が薄毛になることだってあるのです。

自分が薄毛になりそうか確かめるには祖父がポイント

遺伝の話に戻りますが、薄毛が遺伝によると言われると、どうしても父親や父親の先祖を調べてしまいがちですが、実は父親の先祖はこのタイプの薄毛には全く関係ありません。
むしろ大きく関係してくるのは母方の先祖です。どうしてかというと、X染色体の遺伝が必ず母方からおこなわれるわれるためです。
この染色体の遺伝に関しては中学校の理科で習うのですが、染色体は男性がXY型、女性がXX型です。
そして、この両親から男の子が生まれる場合は両方の遺伝子を引き継ぐわけですから、Y染色体は父親しか持っていないので、必ず父親から引き継がれることとなります。
するとX染色体が残りますが、ここで残りのX染色体も父親から引き継ぐことになると、それは父親の遺伝子の身を引き継ぐ子供、つまりは父親のクローンが生まれるという事になります。
ところが実際にはそのようなことはありません。なので、X染色体は必ず母親から提供されるというわけです。
とはいえ、お母さんが薄毛になっている家庭というのはとても少ないのではないでしょうか。しかし、母親が薄毛ではないから自分は薄毛にならないという判断は間違っています。
もともと女性は男性に比べると男性ホルモンの数がとても少ないので、男性ホルモンによる薄毛の影響がほとんど出ないからです。
では、自分の薄毛が遺伝性のものかどうかを判断するためには何をチェックすればよいのかというと、それは母方の祖父です。
実は薄毛の遺伝子は母方の祖父から隔世遺伝という形で引き継がれます。ですから、もしも自分の母親の昔の写真を見て母親のおじいちゃんの髪の毛が薄くなったりハゲていたりした場合は、自分自身に隔世遺伝していると考えた方がよいでしょう。